葬儀場選びのポイントって?

最近お義父さんがこう言います。『うちの母親は見ての通りだから、もうそろそろ葬儀場の比較とかしないといけないな』見ての通りというのは、認知症でもう誰が誰だか、自分が誰だかもわかりません。また、糖尿を患っているのに、何も分からず、施設の同室の方のお菓子などを食べてしまうそうです。
しかし、葬儀場の比較…大事なことかもしれませんが、ちょっと嫌な気持ちになりますね。
私たち家族の前ではいいですが、兄弟やおじいちゃんの前ではさすがにその話題をしません。『早く逝ってくれと言っているように思われる。』とお義父さんは言います。
確かにそうかもしれませんね…。
でも葬儀場の比較は重要です。所によって料金を変える業者もいるわけですから…。
お義父さんが葬儀場のパンフレットを持っているのもしばしば見かけました。さすがに私たちには相談しませんが、お義父さん1人で抱えるのにはちょっと荷が大きすぎるかもしれません。
かといって、お手伝いしようにもなんて声をかけていいのか分からず…。
葬儀場選びも、楽ではないですね。
大手の葬儀場のパンフレットや、私たちはインターネットを使って調べることができますから、インターネットで葬儀場の価格比較をしたりして、お義父さんに葬儀場比較を提案してみようとおもっています。今はその葬儀場を比較していますが、やはり地域が限定されるだけあって、インターネットで葬儀場を比較するよりも、足を使って葬儀場を調べた方がいい気もしてきます。
どちらの方が効率が良いのでしょうね…?